SSブログ

3.11を思い返す。 [私見/頭の中/ボランティア]

日本に衝撃の走った
3.11

僕は東京駅に地下にいた。
あれから一年か.....

http://aoyagitatamiten.blog.so-net.ne.jp/2011-03-15


先日、3.11に息子と黙祷しました。
胸に手では無く『掌』を当てて。

そして黙祷後、強く息子を抱きました。


親子でこんなアホ写真が取れる日常の幸せって
当たり前では無いんですよね。


IMG_0925.jpg

商売に関しては

震災後特に実感するのですが、
人は、思いが伝わらない限り
本当の心って動かないですよね。

購買意欲だって心の一部だと思うんです。

私たち日本人は、相対的に物事をみる事が出来る民族です。

確かに、こうやって、こうやったら、いくらの儲けがどうのこうのってのは
現実的で大事な事ですが、しょせんHow toですよね。
やり方では人の心は動かないと思うんです。

それって、『和文化』のおもてなしの心に通じると思うんです。

だからと言って、こちらが和に関わる畳屋!!
みたいに鼻息荒く和文化を押し付けてしまってはダメなんですけどね。

和文化って、振る舞いだったり、相手を思いやる心だったりしますから、
物や見た目ではしょせんインスタント和文化ですからね。

私たちの商売も、高度成長でバランスの崩れた、
お客様に向けるベクトルを自らが気付き、
少しずつ調整して行かないと、
お客様の心は動かないと思うんです。

前置き長くなりましたが、
僕が言いたいのは『やり方より、在り方』
『何を売るかでは無く』
『誰が売るか』
ココを強く思って欲しいと願います。



しかし、3.11はめでたい事もありました。
仲の良い同い年の従姉妹の結婚記念日なのです。
お互いに、幸せの報告が毎年出来たら良いねと
記念写真を軽く加工♪


IMG_0928.JPG


最近は、『畳』の見せ方が面白い。
これぞ!っと構成するにしても
フランス語で疑問形にしたり。
エスプリに洒落ってやつよね。

IMG_0936.JPG

足元にチョロっと畳を登場させたりね。

IMG_0912.JPG

別バージョン

IMG_0911.JPG


デザインで魅せたり。

IMG_0939.JPG


可能性はいくらでもあるね。

青柳畳店は明日も真心込めてPray for japan


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

神栖の田谷っち

普通の生活や当たり前に感じていることって
ほんと幸せなことですよね♪


感謝の気持ちを常日頃からもっていたいと思います(*^^*)


日常生活にしても、商売にしても
『心』って大切ですよね♪Ю―(^▽^o) ♪
by 神栖の田谷っち (2012-11-01 11:15) 

四代目青柳畳店

神栖の田谷っちさん

コメントありがとうございます。
ホントに在り方ってのは大事ですよね。
by 四代目青柳畳店 (2012-11-01 12:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0